やりすぎ注意です!

今日は午後から背骨コンディショニングの先生のサポートでした。
背骨コンディショニングは体操と矯正で不調を改善する運動プログラムです。
私がゆるめ体操を見てさしあげ、先生が矯正を担当します。

今日のお客様はお嬢様が背骨コンディショニングのインストラクターという方なのですが、左足のお尻から下が全部しびれて、杖なしでは歩けない状態でした。
椅子に座っていることができず、ソファーの左端に座り、左のお尻をはみ出させて右のお尻のみで座るという状態でした。

なぜそうなったかというと、なんと、お尻の痛いところに固めのものをあてて、痛気持ちいいのがエスカレートしてしまい、一日中そこをゴリゴリさせていたそうです。

よく、「テニスボールやゴルフボールを痛気持ちよいところにあててゴリゴリさせましょう」というのを聞くのですが、それと同じですね。
脚の神経を傷つけてしまったようです。


骨盤から足の骨にかけての黄色いものが坐骨神経です。腰椎と仙骨から足先まで枝分かれをしながら伸びています。骨盤のところで一番太くなり、脚に向かって伸びています。
お尻に固いものをあててゴリゴリしていたものですから、この坐骨神経を傷つけてしまったのです。

体にとってはパニックですよね。
なので、筋肉がブレーキをかけ、血管まで影響し、触った足は冷たくなっていました。
先生によるとひどく拘縮していたそうです。

そして、なんと、この方は外反母趾だったのですが、カイロプラクティックの先生に足指の付け根にテーピングを巻かれ、足指が開けず、てん足状態になっていました。ご本人によると、この方が歩きやすいとのこと。
神経が傷つき、ずっとしびれている状態が続いているので、その方が良かったのかもしれませんが疑問です・・・。
ともあれ、普通の状態であれば考えられないことです。
足指は広げて伸ばして歩くものです!

少し足を中心に動かしては矯正をして、拘縮を取っていきました。
筋トレはできて次第に元気になられました。
神経が傷ついてしまったら、その神経はご自身の治癒力でしか治すことはできません。
やり過ぎ注意です!

足指相談等のお問い合わせはこちらから☆
出張可能です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

足を見れば全身の状態が分かるトータルボディアドバイザーです。足から全身を整え、一生歩ける足づくり、一生動ける体作りをお手伝いします。新宿区在住です☆