足のぼこぼこ

足指じゃんけんでグーをしたときに、ぼこぼこしたところがありますよね。
手の拳でグーをしたときにボコボコが出ます。
本来、手と足は同じように動かなければならないので、 足でもボコボコが出なければなりません。

このボコボコ、正式名称は「中足指節関節」と言います。
このボコボコを出すことはそんなに難しくないとコジコジ先生から教わりました。
ズバリ、「下から押し上げる」のです。
てこの原理ですね(^^)/

親指は基節骨(親指の根元に近い骨)に添える。人差し指はボコボコの下の位置に置く。上からの力と下からの力。手を置く場所が重なっていないので、少し力をかけるだけで、もう一カ所が動きます。

これもやり過ぎ注意です!
強い力だと骨が折れてしまうそうです。

足指が使えるようになり、アーチも形成されやすくなります。
気がついたときでも一日に何回か行ってみてくださいね(^^)

足指相談等のお問い合わせはこちらから☆
出張可能です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

足を見れば全身の状態が分かるトータルボディアドバイザーです。足から全身を整え、一生歩ける足づくり、一生動ける体作りをお手伝いします。新宿区在住です☆