私の膝、その後

1ヶ月半にわたり、膝の炎症と仲良くやってきましたが、知り合いに「その状態にしておくのは良くないよ。」と言われ、整形外科に行ってきました。
娘が幼稚園児のころ以来なので、8年ぶりの整形外科です。

滑液包炎はいろいろな関節のところにあって、関節がスムーズに動くように滑液を貯めておく袋のようなものです。

針で刺して腫れたことを告げると、先生は「あらら・・・」とあきれ顔でしたが、「中で化膿しているとやっかいだよ。」「もうやっちゃダメだよ。」と優しくおっしゃってくださいました。

そして貯まった滑液を抜いてくださったのですが、なんと赤色!
滑液は黄色なのだそうですが、出血しているため赤くなっていました。
直前の体操教室で四つん這いや膝立ちをしていたから無理もありません。
化膿はしていないということで、良かったです。

さて、私の膝です。

右足、まだ腫れてる?
右足、ここから見ると大丈夫です

抜いていただいたので、へこんでいますが、帰宅してから膝に手を置くと右膝が熱いのです。
これは以前からずっとなのです。
ということは、抜いていただいたところ以外で炎症があるということですね。
まだ少し、左膝より滑液が残ってぷっくりしているので、様子を見ます。

針で刺したり、膝を酷使するのはやめましょうね(^^)

足指相談等のお問い合わせはこちらから☆
出張可能です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

足を見れば全身の状態が分かるトータルボディアドバイザーです。足から全身を整え、一生歩ける足づくり、一生動ける体作りをお手伝いします。新宿区在住です☆