何を食べるか

私の栄養バイブル本をご紹介しました。
川島四郎先生の『食べ物さん、ありがとう』。
漫画家のサトウサンペイさんとの対談となっています。
https://miyocare.com/my-nutrition-bible-book/

そこでまず学んだことが

年相応、食べ物を獲得する力に応じて食べる!!

自然界の中に体一つで放り出されたとしたら、あなたは何が採れますか?
私がもう少し若くて体力もあれば、野山を走り回って狩りをしたり、川で漁をしたりしたかな。
今もできなくはないけど、息切れして苦しいから、楽することを考えてしまいます(^^;)

赤ちゃんは何もできず、お母さんが守ってあげないといけませんよね。
赤ちゃんならお母さんのおっぱい、または人工乳。
幼、少年期にはセミやトンボを追いかけ回し、川でフナやメダカをつかまえたり。
こういったものは丸ごと食べることになるので、「全体食」で内臓から骨まで食べるのが良いのです。

青年期には狩りで走り回ったり、大物を仕留める。
老人期には卵、貝、海藻、野菜が 楽に手に入りますよね。
そのようなものが良いのです。

この老人期の食べ物は誰でも採れるものなので、だからこそ、だれでもきちんと食べなければならないものなのです。
今はお金で何でも買えますから、好きなものを買ってたくさん食べていると食生活が乱れ成人病にもなりかねません。

そうは言っても私も食いしん坊(^^)
ここ数年で変わってきたのが、「どうせ食べるなら美味しいものが食べたい!」
ハンバーガーを食べるなら、巷のお安めのもいいけれど、せっかくお金を払うなら一点豪華主義で、ご褒美的に半年に1回くらい豪華なハンバーガーを食べています☆

食べたもの、消化されたものが私たちの体を作るのです。
良い血液、骨、筋肉を作り、強い髪、潤いのある皮膚を作っていくのです。
そういう視点も持っていたいですね(^^)/

足指相談、各種セッション等のお問い合わせはこちらから☆
出張可能です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

足を見れば全身の状態が分かるトータルボディアドバイザーです。足から全身を整え、一生歩ける足づくり、一生動ける体作りをお手伝いします。新宿区在住です☆