今井先生が世界一受けたい授業に出演1

みらいクリニック院長で、「あいうべ体操」「ゆびのば体操」「ゆびのばソックス」考案者であり、わたくしの先生でもある今井一彰先生が、10/27放送の「世界一受けたい授業」に出演されました🎊

足のトラブル、ひざや腰の痛みに効果的な”足指ストレッチ”や、爪の切り方、歩き方が紹介されました。

ご覧になっていない方や、復習のためにテレビの内容を振り返っていきますね。

足指を広げよう!

現代人は足指の間が狭く、バランスの悪い人が多いです。
なんと、女性の4人に1人が外反母趾!

子どもたちの間にも、写真のような足指トラブル(浮き指)が多いのです。 

これらの足指トラブルは足指を広げることで改善できます!

ここで問題です。

 足指を広げると〇〇ができる

何だと思いますか?

 

正解は  重いものを支えることができる!

今井先生は72㎏、85㎏の男性はみらいサポートの店長さん。
すごいですよね!

昔は、はだしの生活で足指がしっかり開いていたので、体に負担をかけず、一番力が出せる姿勢が自然に取れていたのです。
だから、この写真のように重いものも軽々と背負えることができるのですね。

足指ストレッチ

①足の指の間に手の指を入れる

手の指の付け根に足の指先が見えるようにです! 足指の間にスペースを作ります。

やさしく握って足の甲の方向に少~し反らせて5秒キープ

③足裏方向に少~し反らせて5秒キープ

左右10セットずつ行えばOKです!

ポイントは、
   ・手と足の指をがっちり組まない
   ・優しくゆっくり

     ・曲げすぎない、反らしすぎない
     ・ほんの少し動かす

はじめはグラグラだった吉本実憂さんが、72㎏の今井先生を支えることができました🎉

「体に軸ができた!」と吉本実憂さん。みなさんもびっくり!

足指ストレッチだけでなぜ?

は体を支える土台です。
足の指を広げると土台が安定するのです!

人間の理想的な足の形は扇型です。赤ちゃんの時はみんなそう。

   ・足に合わない靴を履き続ける
   ・靴下、ストッキングで日常的に圧迫される

そういうことで、徐々に足の形が崩れてしまいます。

その足の崩れの代表が外反母趾、内反小趾、両方の棺桶(かんおけ)型。

足の形が崩れると、体のバランスも崩れます。

立っているだけで無理な体勢になったり、無駄な筋肉を使うことによって、腰痛、肩こり、ひざ痛などの様々な体の痛みを引き起こしてしまうのです😰

続きは後ほど2で☆

みらいクリニック認定フットコーディネーターです。
ゆびのばページ1
足指相談承ります✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

足を見れば全身の状態が分かるトータルボディアドバイザーです。足から全身を整え、一生歩ける足づくり、一生動ける体作りをお手伝いします。新宿区在住です☆